ボディカバー

kaigo03_m
いつもきれいな車に乗っていたいと誰もが思うことでしょう。そのためには屋根のついた駐車場は必要です。屋根のない駐車場では、昼間の紫外線がボディの塗装を傷め、雨水が汚れを拡散させたり、錆びの原因になったりするので、何もしていないのに、どんどん汚れてしまいます。しかし、誰もが屋根付きの駐車場を利用できるわけではありません。そのような場合は、ボディカバーがおすすめです。脱着に多少手間がかかりますが、カバーをかけておくと汚れがつきにくく、防犯予防にもなるのでダブルの効果があります。

ホームセンターなどに格安の汎用品が販売されていますが、サイズがぴったりというわけには行かないので、あまりおすすめできません。また格安のものは紫外線に弱く、2~3年で生地がぼろぼろになることも珍しくありません。カバーを購入するなら、その車にあって専用カバーがおすすめです。それぞれの車のサイズに合っているので強風が吹いてもずれにくく、素材も高品質なものが多いです。カバーの素材の決め手は、外側はしっかりとした防水加工がしてあり、紫外線にも負けない耐久性があるものが良く、さらに裏生地には裏起毛がついたタイプが、擦り傷防止には効果的です。