コーナーポール

mobile04_l.
最近販売されているクルマの形はボンネットの縁が丸く下側に落ちた形をしている車が多く、購入して初めて乗る際には車両の前方や幅などの車両感覚が掴みにくく感じます。その為、各メーカーから傷や衝突から車を守るバックモニターやコーナーセンサー、360度カメラといった安全補助装置が沢山販売されています。この様な安産補助装置で手軽に取り付けられるパーツとしてコーナーポールがあり金属の棒から良く目立つように光るもの、電動で伸縮をする物などがあり値段も安いものから高価な物まで様々な種類があります。このポールを建てることによって車両の幅が分かりやすくなりますのでとても機能性の高いパーツですがポールが立ったままの状態で駐車をしていてポールを折られるといった被害にあわれる方もいますので外にクルマを停めることが多い方には電動で伸縮するタイプのものがお勧めです。ポールをつけていない方などはシートにクッションなどを置き視界を高くして車幅感覚を捉える工夫をしている方もいますが安全上あまり良くありませんのでポールやコーナーセンサーを利用して徐々に愛車の車幅感覚に慣れていくことが必用ですので沢山販売されている安全補助装置中から自分に合ったものを選び使用することによって傷や衝突から愛車を守れます。